世の中には勃起をしてもすぐに萎えてしまう人がいます。EDの改善方法は様々ありますが、ED治療薬の種類が多すぎて選びにくいですよね?そんな方にオススメしたいのがレビトラと呼ばれるED治療薬です。レビトラは即効性が売りなので、服用してすぐ勃起力の増加を体感できます。ED治療薬の選択に悩んでいる方は、ぜひレビトラを試してみましょう。

葉と緑のカプセル
  • ホーム
  • ED治療薬シアリスの特徴は長時間の作用

ED治療薬シアリスの特徴は長時間の作用

たくさんのカプセル

ED治療薬のシアリスは、バイアグラやレビトラとはコンセプトが違います。
服用してから効果が現れるまでに大体3時間かかりますが、その分長時間作用します。
最大36時間も効果が持続するので、ウィークエンドピルとも呼ばれているED治療薬です。

シアリスの有効成分はタダラフィルで、バイアグラやレビトラと同じでPDE-5阻害薬です。
PDE-5という酵素が過剰に働くとcGMPという物質が過剰に分解されて血流が悪くなってしまいます。
これによって、勃起不全が起きてしまいます。
ですが、シアリスを服用すればPDE-5が過剰に働かないようにしてくれるので自然な勃起を促してくれるのです。
服用しても性的な刺激を受けないと勃起はしないので注意が必要です。

有効成分のタダラフィルはPDE-5阻害薬ですが、バイアグラやレビトラとは分子構造が大きく違います。
体内にゆっくり吸収されるので長時間作用してくれます。シアリスは最大36時間効果が持続するので、早めに服用することができます。
1度飲んだら24時間は間隔を空けましょう。24時間の間隔が空いていれば、前に服用したシアリスの効果が持続していても問題ありません。
シアリスを服用するのは性行為をする3時間前が理想的です。

シアリスはバイアグラやレビトラとは違って食事の影響を受けにくいです。
ですので、揚げ物などの高カロリーな物を食べない限りは食後に服用しても効果は現れます。
しかし、空腹時と比べると効果は弱くなってしまいます。そのため、できるだけ空腹時に服用するのがいいです。
シアリスを服用した後に食事をする場合は30分以上は間隔を空けましょう。

シアリスはタダラフィルの含有量によって5mg・10mg・20mgの3種類の錠剤があります。
シアリスの効果が現れるか不安になる人もいるでしょう。
しかし、どの錠剤でも1度に2錠以上や間隔を空けずに服用したりしてはいけません。用法用量を守ることが大切です。

シアリスの副作用とは

シアリスはウィークエンドピルとも呼ばれていて、体内にゆっくり吸収されるのでバイアグラやレビトラに比べると副作用が出にくいと言われています。

シアリスで報告されている副作用は頭痛やほてり、消化不良などです。
こういった軽い副作用は体への影響は少ないので服用を続けても問題はありません。
ですが、副作用がひどい場合はすぐに服用をやめて医師の診察を受けましょう。

重い副作用が現れる場合があるので、服用を禁止されている人がいます。ですので、服用する前に病院で医師の診断を受けた方がいいです。
シアリスの服用を禁止されている人は、心血管系の病気を持っている人です。
もしシアリスを服用してしまうと、心筋梗塞などの重い副作用が現れる場合があるので注意が必要です。
これ以外にも服用を禁止されている人や服用を制限されている人はいるので気をつけましょう。

シアリスには併用禁忌薬があり、ニトログリセリンなどの硝酸剤は絶対に併用してはいけません。
もし併用してしまうと急激に血圧を低下させてしまいます。
それだけではなく、最悪の場合だとショック状態になってしまい命を落とす危険があります。
ニトログリセリンなどの硝酸剤は飲み薬やスプレー、貼り薬などがありますが、どれでも絶対に併用してはいけません。

シアリスの併用禁忌薬のほとんどがニトログリセリンなどの硝酸剤ですが、それ以外にも併用禁忌薬があるので注意が必要です。
それは、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬のアデムパム錠です。
併用してしまうと、症候性低血圧を引き起こす場合があるので気をつけないといけません。
併用禁忌薬の種類はたくさんあるので、何か薬を服用している場合は医師に正確に伝えましょう。