世の中には勃起をしてもすぐに萎えてしまう人がいます。EDの改善方法は様々ありますが、ED治療薬の種類が多すぎて選びにくいですよね?そんな方にオススメしたいのがレビトラと呼ばれるED治療薬です。レビトラは即効性が売りなので、服用してすぐ勃起力の増加を体感できます。ED治療薬の選択に悩んでいる方は、ぜひレビトラを試してみましょう。

葉と緑のカプセル
  • ホーム
  • EDの原因タイプと症状について

EDの原因タイプと症状について

カプセル

EDを引き起こす原因は大きく分けて「心因性」「器質性」「薬剤性」の3タイプに分類することができます。
心因性EDとはストレスやうつ、不安などによっておこりますが、さらにその心因により2タイプに分類されます。
最も多くみられるのが「現実心因性ED」で、これは日ごろの小さなストレスの積み重ねによっておこります。
たとえば恋人からかけられる心無い言葉に敏感に反応し、その衝撃で引き起こされる場合や結婚生活が上手くいかない、経済的なストレスがあることも原因の一つです。

特に自分自身の行動などを思い起こすと原因に見当がつくことが多い事も現実心因性EDの特徴です。
20~40代の若い世代に多くみられ、カウンセリングや服薬などで比較的簡単に治療を行うことができます。
心因性EDのもう一つのタイプは「真相心因性ED」で、こちらは日常生活でのストレスが原因で起こるわけではなく、幼少期の体験やトラウマが原因である場合です。
大半の型が無意識あるいは意識のより深いところに原因を持つため、本人には見当が付きにくく原因の解明が困難であるケースが多くみられます。

器質性EDは年齢が上がるにつれて起こるリスクも上昇します。
人間だれしも加齢は避けられませんが、特に動脈硬化による血管障害が原因になることが多いため生活習慣や嗜好性に気を付けることで防ぐことも可能です。
糖尿病や高血圧の方は勃起不全のリスクが高まるほか、喫煙や過度の飲酒もEDの原因となります。
外傷が原因となる場合もありますが、こちらの場合にはED治療薬の服用により回復するケースが多くみられます。

抗うつ剤や降圧剤などを服用している方は薬剤性EDの可能性があります。
中枢神経や末梢神経に作用する薬剤の他、循環器系や消化管に作用する薬もEDの原因となる場合があります。
しかしながら勝手に薬の服用をやめてしまったり量を減らしてしまったりすることは危険を伴う可能性があるため、必ず医師の判断を仰ぎましょう。
あるいは包茎が原因の場合もありますのでこちらもクリニックなどでの治療を検討しましょう。

精力剤と精力増強食材で解決することも

勃起不全は精力剤の使用や食事療法、包茎が原因の場合には包茎治療などで治療を行うことも可能です。
精力剤などの使用も良いでしょうが、まずは生活習慣の改善に努めてみるべきでしょう。
飲酒や喫煙を控えることや高カロリーの食事や塩分過多の食事、高脂肪食を避け、適度な運動を行うことでEDの原因になる動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を予防することが可能です。
運動は有酸素運動が効果的であり、ジョギングやランニングの他下半身の筋力を鍛えるスクワットも有効です。

EDは男性ホルモンテストステロンの減少によっても起こされるため日ごろからその予防のための食事を心がけるべきです。
テストステロンの減少抑制に効果があるといわれている成分が亜鉛であり、亜鉛を多く含む食品をとることでEDの予防・改善につながるといえるでしょう。
亜鉛を多く含む食材は牡蠣や鶏もも肉、豚レバーなどが有名ですが、このほかにも抹茶やアワビ、アーモンドなどにも多く含まれています。
ラーメンや揚げ物などは控え高脂肪・塩分型の食事は控える、亜鉛を含む食品を摂取することを意識し、健康的な食生活を送ることが重要です。

また喫煙は煙草に含まれる有害物質が動脈硬化の原因となることもあります。
動脈硬化が陰茎周辺に起きればEDの原因になるほかニコチンが末梢神経収縮させるためこれもEDの原因となります。
飲酒に関しては、アルコールも適度な量であればリラックス効果が得られるためEDの原因の一つであるストレスを緩和することを期待できます。
過剰摂取は中枢神経に作用して脳の機能をマヒさせるため、正常な勃起のメカニズムを阻害してしまいます。
ED改善のためには少量の飲酒にとどめるべきです。