世の中には勃起をしてもすぐに萎えてしまう人がいます。EDの改善方法は様々ありますが、ED治療薬の種類が多すぎて選びにくいですよね?そんな方にオススメしたいのがレビトラと呼ばれるED治療薬です。レビトラは即効性が売りなので、服用してすぐ勃起力の増加を体感できます。ED治療薬の選択に悩んでいる方は、ぜひレビトラを試してみましょう。

葉と緑のカプセル
  • ホーム
  • レビトラは個人輸入でも購入できる

レビトラは個人輸入でも購入できる

カプセルとスプーン

正規に製造されているレビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤があります。
病院では主に10mgか20mgを使用してED治療を行います。
10mgや20mgで用量が多い場合は、ピルカッターで小さく割って使用することもできます。
空腹時に服用すると約20分で効果が現れ、約45分後には血中濃度が最大となります。
性行為の約1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
レビトラは即効性があり、短時間で強力にペニスを勃起させることができます。

病院で処方を受ける場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1500円で20mgは約1800円です。
ED治療は自由診療とされており、実際の薬価は病院によって違いがあります。
効果の持続時間は10mgが約5時間で、20mgは約10時間です。
副作用としては軽いめまいや頭痛、顔のほてり、鼻づまり、消化不良などがあります。
レビトラは即効性があるため副作用を発症しやすく、9割以上の患者に軽いめまいなどの症状が見られます。

病院でレビトラの処方を受ければ確実に本物を処方されますが、通販サイトで個人輸入する場合には偽物に注意が必要です。
レビトラは人気のあるED治療薬なので、中国などで製造された偽物が多数流通しています。
外観から偽物と本物の違いを見分けるのが困難な場合があります。レビトラはオレンジ色で丸い形をしています。
また表面に用量が印字されていますが、偽物も同じような外観である事例が多く見られます。
偽物を服用すると、効果がないだけでなく健康被害を生じる可能性があります。

レビトラは病院で処方を受けることができますが、通販サイトで個人輸入することもできます。
通販サイトの方が病院で処方を受けるよりも価格が安いため経済的です。
ただしレビトラは世界的に人気のあるED治療薬なので、偽物も多数流通しています。
偽物は正体不明な成分が含まれていたり、劣悪な衛生環境で製造されたりしていることがあるため危険です。
通販サイトを利用してレビトラを購入する場合には、信頼できる個人輸入代行業者を選ぶ必要があります。

個人輸入代行業者は信頼できるところを選ぶ

インターネット上には海外からの医薬品の個人輸入手続を代行する通販サイトが多数存在します。
個人輸入代行業者を活用すれば、日本国内で未承認とされる医薬品も簡単に購入できます。
通販サイトではレビトラも販売されています。1錠あたりの価格は10mgも20mgも約1400円です。
20mgの錠剤は28錠まとめ買いすると1錠あたり約1300円になります。
購入金額に応じてポイントが付与される通販サイトもあり、病院で処方を受ける場合よりも経済的です。

レビトラのように人気のある医薬品は、中国などで偽物が製造されています。
偽物には有効成分が含まれていなかったり、他の正体不明な物質が含まれていたりする場合があります。
また工場の衛生環境も悪い場合があり服用すると危険です。
通販サイトを利用して個人輸入する場合には、信頼できる業者選びが重要となります。
信頼できる業者を選ぶには、特定商取引法による表示やサイトの日本語表記、他の利用者からの口コミ投稿、クレジットカード決済ができるかどうかなどを確認します。

日本国内で通販サイトを運営するためには、特定商取引法による表記を行なう必要があります。
業者名や所在地、運営責任者、サイトのURL、メールアドレスや電話番号、業務内容に支払い方法などの表記が必要です。
サイトにこれらの表記がなされていれば、法律に基いて運営されていることが分かります。
またサイトの日本語表記に不自然な点がないか、他の利用者からの評価は好意的か、クレジットカード決済が可能かなども重要な判断基準です。

レビトラは即効性があるED治療薬です。空腹時に服用すれば短時間でペニスを勃起させることができます。
通販サイトを利用すれば海外から安く個人輸入できますが、偽物も多く流通しています。
海外から個人輸入する場合には、特定商取引法の表記などを参考にして慎重に信頼性を判断する必要があります。