世の中には勃起をしてもすぐに萎えてしまう人がいます。EDの改善方法は様々ありますが、ED治療薬の種類が多すぎて選びにくいですよね?そんな方にオススメしたいのがレビトラと呼ばれるED治療薬です。レビトラは即効性が売りなので、服用してすぐ勃起力の増加を体感できます。ED治療薬の選択に悩んでいる方は、ぜひレビトラを試してみましょう。

葉と緑のカプセル
  • ホーム
  • シルデナフィル配合のバイアグラとレビトラの違い

シルデナフィル配合のバイアグラとレビトラの違い

黄色カプセルと葉

バイアグラは世界で最初に開発されたED治療薬で、有効成分としてシルデナフィルが配合されています。
次に開発されたのがレビトラです。
レビトラには有効成分としてバルデナフィルが配合されています。
シルデナフィルとバルデナフィルはいずれも即効性があり、短時間でペニスを勃起させることができます。
バイアグラは食事の影響を受けやすいため必ず空腹時に服用します。
レビトラはエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下のものであれば食べても問題はありません。

バイアグラもレビトラも空腹時に水かぬるま湯で服用するのが基本です。
空腹時に服用するとバイアグラは約30分で、レビトラは約20分で効果が現れます。
いずれも45分から1時間ほどで血中濃度が最大となるため、性行為の約1時間前に服用するのが一般的です。
バイアグラとレビトラは短時間で強力にペニスを勃起させる効果がありますが、副作用を発症しやすいという特徴も存在します。
いずれも副作用には軽いめまいや頭痛、顔のほてり、鼻づまり、消化不良などがあります。

バイアグラとレビトラは服用した人の9割以上に副作用が現れますが、症状は基本的に軽く数時間すれば自然と回復するのが通常です。
ただし数時間経過しても回復しない場合には、病院で診察を受ける必要があります。
バイアグラには25mgと50mg、100mgのものが存在しますが、効果の持続時間はいずれも約5時間です。
日本国内では100mgが未承認とされており、病院では25mgか50mgを使用してED治療が行われています。

バイアグラとレビトラはいずれも即効性のあるED治療薬です。
空腹時に服用すれば短時間で強力にペニスを勃起させることができます。
バイアグラは世界で最初に開発されたED治療薬なので、高い知名度がありますが食事の影響を受けやすいという特徴も存在します。
一方レビトラはバイアグラの次に開発されたED治療薬で、食事の影響を受けにくいという特徴があります。

主成分が同じジェネリックで試してみるのもおすすめ

バイアグラにはシルデナフィルが含まれており、短時間で強力にペニスを勃起させることができます。
シルデナフィルは日本国内で特許期間が満了しているので、同じ成分を含む医薬品が製造されています。
シルデナフィルを含むED治療薬には日本国内で製造されたものの他にも、海外で製造されたものがあります。
海外産のシルデナフィル錠は主にインドの製薬会社が製造したものです。
インドでは製法特許のみが認められて成分特許が認められないため、製法を変更すれば同じ成分の医薬品を製造できます。

病院でバイアグラを処方してもらう場合の1錠あたりの価格は25mgが約1300円で、50mgは約1500円です。
国内で製造されているシルデナフィル錠は1錠あたり約1000円で処方を受けることができます。
またバイアグラには錠剤の他にODフィルムが存在します。
病院でODフィルムの処方を受ける場合には、50mgのものが1枚あたり約1000円から1500円です。
ODフィルムは錠剤と異なり水がなくても服用できます。

シルデナフィル錠はインドでも様々なものが製造・販売されており、価格は非常に安価です。
インドの製薬会社はインド政府から承認を受けて医薬品を製造しているので、安全性も優れています。
海外で製造されたシルデナフィル錠の効果や副作用、服用方法などはバイアグラと同様です。
価格が非常に安いので費用を大幅に抑えてED治療ができます。

バイアグラは硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬と併用すると過度に血圧が下がる可能性があります。
これらの医薬品との併用は禁止されています。
また直近6か月以内に心筋梗塞や脳梗塞、脳出血の既往歴がある場合などにも服用できません。
健康上の問題がないのであれば費用を大幅に抑えることができるので、海外産のシルデナフィル錠がおすすめです。