世の中には勃起をしてもすぐに萎えてしまう人がいます。EDの改善方法は様々ありますが、ED治療薬の種類が多すぎて選びにくいですよね?そんな方にオススメしたいのがレビトラと呼ばれるED治療薬です。レビトラは即効性が売りなので、服用してすぐ勃起力の増加を体感できます。ED治療薬の選択に悩んでいる方は、ぜひレビトラを試してみましょう。

葉と緑のカプセル
更新履歴
白い錠剤

レビトラは日本で認可されているED治療薬において2番目に承認を受けた医薬品です。
日本では世界で最初にED治療薬として認められたバイアグラを始め3種類のED治療薬が認可されています。
レビトラは2003年にドイツの製薬会社より発売されてから、日本では2004年に認可されました。
ED治療薬として非常に効果があり、その即効性に特徴があります。
食事の影響をあまり受けないので、幅広い世代に利用されている治療薬です。

レビトラの効果とは

レビトラは男性の生命を表しておりパッケージには炎のマークが描かれていて、これはすぐに着火するというレビトラの即効性を表現しています。
ED治療薬であるバイアグラが登場した時世界的に大きく注目されましたが、バイアグラは食事の影響を受けやすいという欠点がありました。
この問題を解消したED治療薬がレビトラで、食事の影響を受けにくく普通の食事ならあまり影響を及ぼしません。
標準的な食事は栄養学において定義される成人男性1食分のことで700kcalです。
あまり脂っこい食事を食べなればそれほど食事の影響を受けることはないでしょう。

レビトラは他のED治療薬の欠点を解消するのに開発されたもので、レビトラの一般名はバルデナフィル塩酸塩水和物で含まれている主成分は有効成分「バルデナフィル」です。
バルデナフィルはPDE-5という勃起不全となる酵素を阻害する作用があり、この働きによって男性器の正常な硬さといった勃起活動をサポートすることができます。
レビトラは10mgと20mgの種類があり、それぞれの成分であるバルデナフィルの含有量を指し示しています。
レビトラ20mgはバルデナフィル塩酸塩水和物の23.705mgにおいてバルデナフィルが20mg含んでいるということになり、同じようにレビトラ10mgはバルデナフィルが10mg含有されています。

血流を良くすることによって十分な硬さを維持することができ、用量が異なる種類があるので自分に合った量を服用することが可能です。
ピルカッターなどを利用して服用する量を調整している人もいて、初めてED治療薬を利用する人にもおすすめの医薬品と言えるでしょう。
世界中で人気のある治療薬です。

即効性が特徴だから初心者でも使いやすい

レビトラは非常に即効性の高い医薬品で、人によって個人差はありますが早ければ20分ぐらいで効果が現れます。
治療薬の中には早く効く薬のなかに持続時間がやや短いものがありますが、レビトラの場合持続時間がバイアグラよりも長くなっていて5時間~10時間です。
幅がありますが服用する量によって持続時間が異なりレビトラは10mgか20mgのどちらかを利用することが多く、その持続時間は10mgの場合5時間~6時間で20mgの場合8時間~10時間と言われています。
血流改善などの効果を発揮するまでのタイミングや持続時間はその人の体質だったりその日のコンディションなどによって左右されますが、だいたいこれぐらいの時間で効果を実感することができるでしょう。
10mgと比較すると20mgは持続時間がやや長いので、より長い時間効果を維持したい場合は20mgを服用すると良いでしょう。

但し、効果が強くなることがあるので副作用も強く出る可能性があります。
レビトラは食事の影響をそれほど受けない薬ですが、食事の内容にも条件があります。
例えばカロリーや脂肪量などが一定レベルを超えると食事の影響を受けてしまう可能性があり、これは効果時間に関しても同様です。
空腹時と満腹時を比較すると空腹時の方が効果の現れが早いので、強く発揮されるようになるでしょう。

レビトラを服用しても自然に勃起するというわけではなく、性的な刺激や興奮などがないと勃起しません。
性欲を増進させるということでもないので、たとえ効果時間内だとしても性的刺激や興奮などがないと勃起は治まります。
服用する場合はいくつか注意することがありますが、これらをきちんと守ることでうまく効果が発揮できます。

レビトラの副作用とは

レビトラには重篤な副作用はあまりないですが、比較的軽度な副作用はあります。
軽度な副作用として例えば顔のほてりや目の充血、頭痛や動機などがあげられます。
鼻づまりなどもありますが、特に顔のほてりや目の充血などはED治療薬では現れやすい副作用です。

多くの服用者が体験していて、このような軽度の副作用はレビトラが持つ血管拡張作用により引き起こされます。
副作用と言ってもこれらは人体に影響を与えるものではないので心配不要です。
人によっては薬が効いてきた証拠だと思って気にしない人もいるでしょう。

頭痛が気になる人もいますが、市販の頭痛薬を服用しても問題ありません。
これらの症状は多くの人が体験する副作用ですが、これら以外にも例えば消化不良や光に対する過敏症などがあげられます。
下痢や背部痛などもありますが、こうした副作用は4時間~6時間ぐらいで治まることが多いです。
もし長く続くようなら、クリニックを受診することをおすすめします。

体質によってレビトラが合わない人もいるので、他のED治療薬を試してみる方法もあります。
強い副作用が出てしまう可能性があるので、最初はできるだけ少ない量から試してみることをおすすめします。

いくつか併用禁忌薬がありこれは一緒に飲んではいけない医薬品のことを言います。
効果的な薬でも飲み合わせによって重篤な副作用が起こることもあるので、これを避けるため特に危険な薬に関しては併用禁忌薬として指定されています。
レビトラにも併用禁忌薬があるので、服用する際自分の飲んでいる薬を確認しなければいけません。
別の病気で医薬品を処方してもらう場合、レビトラを服用していると必ず申告することが大切です。

レビトラの服用方法とは

レビトラは即効性が高いED治療薬と知られていて、服用してから20分程度で効果が現れます。
最高血中濃度に達するのに40分~50分あるとされていて、そのため性行為の30分前に飲んでおくと問題がないと言えるでしょう。
レビトラを服用する場合水やぬるま湯と一緒に飲むのがよく、効果を発揮する時間や最高血中濃度に達する時間には人によって個人差がありますがこの時間よりも遅くなるケースもあるでしょう。

確実に効果を実感するために性行為の1時間前に服用しておくことをおすすめします。
レビトラはバイアグラと比較すると食事の影響を受けにくいと言われていますがまったく影響を受けないわけではなく、最大効果を実感するためにはやはり空腹時の服用が最適です。
どうしても食後に服用しなければならない場合、あっさりとした食事を食べておきましょう。
レビトラを服用する際基本的に水やぬるま湯で飲みますが、お茶やジュースなどで飲んでも問題は特にありません。

但し、医薬品によってはアルコールと一緒に服用すると、薬の効果が強く出たり逆に弱くなるようなケースもあります。
しかしレビトラの場合はそのような効果はあまり認められないので、少量のアルコールならリラックス効果を得ることができ、ED改善にはむしろ良い効果があると言われています。

尚、過度な飲酒はリスクがあるので注意が必要です。
基本的にジュースは問題ありませんが、ED治療薬では良く言われているグレープフルーツジュースとの服用には危険があります。
グレープフルーツには「フラノクマリン酸」という成分があり、薬の吸収率などを高める効果があります。
予期せぬ副作用などが発生するケースがあるので注意しましょう。